White Apple Life

健康をテーマにお役立ち情報を集めてアップしています。

1人暮らしをする上での食事のポイントを知ると節約・健康が両立できる

f:id:uenoyou111:20181215141149j:plain

1人暮らしを始めると、実家で暮らしていた頃とは違って「自分の食事の世話を自分でする」ということになります。

 

そこで難しいのが、自分のこととなると人は適当になってしまったり、ついつい偏った食生活になってしまいがちだということです。

 

今日は私が1人暮らしを始めたときに、どのように偏らない食生活になるよう工夫したか。

 

簡単な料理や自炊の工夫についてお話していきたいと思います。

 

可能な限りの自炊

 

言うまでもないことなのかもしれませんが、可能な限り自炊をしていくことが大切です。

 

外食やコンビニで済ますより断然お金がかかりません。コンビニで買い物をするくらいなら、スーパーに行きましょう。

 

自炊のポイント

 

毎日きちんと作るのは面倒くさい…と思われる方もいると思います。

 

そこでおすすめなのが作り置きです。

 

学校やアルバイトが休みの日に全ての食事ではなくても、ある程度の作り置きをしておくと自炊が一気にラクになります。

 

冷蔵庫である程度保管できるものもありますが、ここでは特に栄養バランスが取れて冷凍できる食材について紹介します。

 

  • ゆでたほうれんそうなどの葉物野菜
  • ひじきの煮物
  • ちくわ
  • 湯通しした油揚げ(お味噌汁などにそのまま入れることができます)
  • 茹でて潰したじゃがいも(マッシュポテト)
  • 長ネギ
  • 下味を付けた肉や魚(からあげ用、しょうが焼用など)
  • きのこ類(切ってばらして、そのままビニール袋に入れて冷凍)
  • グラタン(チーズを乗せる前まで作って器にいれたまま冷凍、食べるときにチーズを乗せてオーブンで焼きます)
  • 納豆

 

備えておくとすぐに使える

 

上記の他にも冷凍できる食材はいろいろあります。

 

が、上記の食材だけでも冷凍しておくとすぐに使えて、野菜と肉を使ったバランスの良い食事を作ることができます。

 

茹でて潰したじゃがいもはポテトサラダにしたり、ちくわは煮物に、きのこ類は汁物やグラタンに入れたり、冷凍食材の可能性は無限にあります。

 

肉や魚も下味を付けておけば、焼いたり揚げたりするだけで一食になります。

 

買い物をするとき


前述したとおり、スーパーで買い物をするのがおすすめです。

 

作り置きをするにしてもそうでないにしても、ある程度まとめ買いすると節約にもなります。

 

肉、根菜、緑黄色野菜、納豆や豆腐などの豆製品等、賞味期限に気を付けつつまとめて買うと良いでしょう。

 

外食をするときは

 

基本的に日々の生活で自炊をしていれば、外食では好きなものを食べても良いと思います。

 

外食を手軽にバランス良い食事にしたいと考えるのであれば、ファミリーレストランのサラダがおすすめです。

 

最近のファミレスはサラダの種類が豊富で、肉が乗っていたり、一食として十分なボリュームのサラダが多く出ています。

 

ドレッシングも選べるものが多いので、飽きることがありません。

 

あと定食屋は、ごはん、汁物、主菜、副菜のバランスの取れた食事を食べることができますね。

 

まとめ

 

毎日バランスの良い食事を自炊するのは大変なことだと思います。

 

たまには手を抜いて、外食したり、ファーストフードやコンビニに頼っても良いと思います。

 

が、少しバランスが崩れてしまったな…と感じたら、野菜や肉などを使って自炊をし、またバランスを取り戻していけば、大きく崩れてしまうことはありません。

 

あまりストレスを溜めずに、気軽に必要な栄養を取っていきましょう。