White Apple Life

健康をテーマにお役立ち情報を集めてアップしています。

エコノミークラス症候群って何?デスクワーカー必見の恐ろしい病気

f:id:uenoyou111:20181125000139j:plain

エコノミークラス症候群という言葉を耳にしたことがあると思います。

 

これはデスクワークや習慣、車中泊など身近なことで起こりうる可能性の高いものです。

 

知ることで防げることもあるでしょう、今回はこのエコノミークラス症候群についてまとめてみました。

 

エコノミークラス症候群とは

 

別名ロングフライト症候群、旅行者血栓症などとも呼ばれています。ニュースで耳にすることも多いかと思います。

 

ここ数年でニュースなどもよく耳にしたケースがあります。

 

それは様々な自然災害の被災者の方が避難所や、車中での避難生活をしていてこの病気にかかったというもの。

 

病名からは飛行機の移動でかかる病気という印象を持ちますが、正式には「急性肺血栓塞栓症」と言われます。

 

メカニズム

 

血管の中に血の塊、血栓ができてしまい、その血栓が肺の血管で詰まってしまう病気です。

 

呼吸困難に陥ったり、そのまま心肺停止につながって死亡するケースもあります。

 

特に持病がない方でもかかってしまうことがあるので、誰もが注意すべき病気です。

 

原因

 

原因は長時間狭い場所などであまり動かないでいることと、水分不足といわれています。

 

飛行機や電車での長い移動…先ほど例に挙げた避難生活などもそうですが、どうしても長い時間同じ姿勢であまり動かず過ごしてしまう状況が共通しています。

 

また、日常生活でも長時間のオフィスワークや会議などは同じような状態ですので、同じくエコノミークラス症候群にかかる危険性があります。

 

足を動かさないということ

 

長時間動かないということは、足をあまり動かさないということです。

 

ふくらはぎは第2の心臓とも言われ、ふくらはぎの筋肉を動かすことで下半身の血液が心臓に戻りやすくなっています。

 

足を動かさないと血液が足に滞ってしまい血液の塊、血栓ができやすくなってしまいます。

 

水分も非常に重要

 

また長時間の乗り物移動の際、乗り物の内部は非常に空気が乾燥している事が多いです。

 

そのため、隣や周辺の席の人に遠慮してあまりトイレに立たなくて良いよう水分摂取を控える人もいます。

 

避難所やオフィスなどでも、つい水分摂取を控えたり怠ったりしがちです。

 

体内の水分が少なくなると血液が濃くなりドロドロになり、やはり血液の流れが悪くなってしまいますので血栓が出来やすくなります。

 

こうして足にできてしまった血栓が血液の流れに乗ってしまい、細い血管が集中している肺で詰まってしまうとエコノミークラス症候群となります。

 

予防法

 

原因を知ると、長時間動かず水分をあまり取らない場面は日常の中にも多くあることに気づきます。

 

長時間の飛行機移動での例が有名ではありますが、誰もがかかる可能性があると注意しなければいけません。

 

そこで予防法です。まず第一に、時々は軽い体操やストレッチをすること。

 

足の指を閉じたり開いたり、足首を回したり、つま先を引き上げたり下ろしたりする軽い体操でも十分に効果があります。

 

電車や飛行機、オフィスワークの時でもこういった軽いストレッチなら十分行うことができます。

 

可能ならふくらはぎを軽く揉んでやるとさらに効果的です。

 

そして、水分の摂取は控えないこと。

 

血液が濃くなればどうしても血栓はできやすくなります。

 

定期的にきちんと水分を取り、アルコールやカフェインなどの利尿作用がある飲み物は控えたほうが良いでしょう。

 

水分をとっていれば必然的にトイレに立つことになりますが、立ち上がって少し歩くのは予防に非常に効果的です。

 

周囲に遠慮してしまいがちではありますが、自分の健康のためにも過剰な遠慮は禁物です。

 

まとめ

 

最後に、エコノミー症候群の初期症状として気分が悪い、少し息苦しい、冷や汗をかくといった症状がでることがあります。

 

もし、こういった症状を感じたらすぐに病院を受診しましょう。