White Apple Life

健康をテーマにお役立ち情報を集めてアップしています。

掃除をして理想の自分を見つけよう!心も整理が出来る掃除のススメ

f:id:uenoyou111:20190113040744j:plain

アラフォー・独身女性・彼氏なし・いつのまにか仕事一筋。

 

なんていう、肩書きを背負っていた頃の話です。

 

掃除と無縁だった私の生活の劇的な変化について、語ろうと思います。

 

仕事一筋だった自分

 

仕事はそこそこ責任のある立場になり、帰りも終電間際があたりまえ。

 

そんな日々が続いた結果、部屋の中は泥棒が入ったのかと思うくらいに色んなものが散乱していました。

 

いつか片付けないとな…とは思っていましたが、そのいつかはなかなかやってきません。そんな時です。

 

会社が買収され、私の生活は一変!

 

リストラされたわけではないけれど、新しい上司との折り合いがうまくいかず1年後に退社することに…。

 

私の肩書きから仕事一筋が消え、代わりに無職が追加されたのです。しばらくは退職金で暮らせるけど、その先はどうしよう。

 

モヤモヤとした日々を送っていましたが、やることがないのでとりあえず部屋中に散らばっていた洋服を集めて洗濯することにしました。

 

洗濯から掃除へ

 

独り暮らしなのに1日3回も洗濯機を回し、ひたすらベランダに干しまくる。

 

洗濯を終えると今度は鏡台の中を整理したり、物で溢れかえっていたテーブルを片付けはじめました。

 

これもいらない、あれもいらないと、どんどん物を捨て、もう何がなんだかわからなかったれど、ひたすら部屋を片付けて数日…。

 

見違えた自室

 

気がつくと、部屋がとても広くなっていてびっくりです。

 

白を基調とした部屋だったことに改めて気がつきました。

 

窓から入る太陽のあかりが壁や白いカーペットに反射して、部屋がとても明るくて眩しいくらいです。

 

一心不乱に掃除をしていましたが、綺麗になった部屋を見て我に返ると、部屋と共に気持ちも晴れやかになったのになんだか涙が溢れてきたのです。

 

自身の本当の気持ちに気づく

 

本当は仕事をやめたくなんてなかった。あんなに一生懸命働いていたのに…。

 

大きな会社ではなかったけれど、みんなで頑張って働いていたのが楽しかった。

 

でも、その仲間はもういない。あの頃の会社は無くなってしまった。そう思うと悲しくなって悔しくて涙がどんどん出てきたのです。

 

仕事を辞めてから初めてこんなに泣きましました。

 

そして、涙が自然に止まる頃には、せっかく辞めたんだからこれからは好きなことをしようという気持ちに変わってきたのです。

 

少しゆっくりして、なにかを見つけようと。

 

新たな自分

 

明るく広くなった部屋で美味しいチョコレートと大好きなハーブティーを飲んでいると、こういうゆったりとした雰囲気が自分は好きだったんだなと改めて感じました。

 

いつもは散らかった部屋でコンビニ弁当を食べていたけれど、それもいつか良い思い出になる。

 

私はこれから仕事を辞めて良かったと思えるように生きていく。

 

それから部屋の模様替えをし、毎日掃除機をかけ、観葉植物を置き世話をするのが日課になったのです。

 

今まで水すらまともにあげられなくて、何度も枯らしてしまったけれど、これからはちゃんと育てよう。

 

好きなことを再発見

 

そして、部屋の片付けをしたときにクローゼットから出てきたミシン。

 

私は縫い物が好きで独り暮らしをするときに買ったのですが、いつのまにか隅においやってしまっていました。

 

それを取り出して、久しぶりにポーチを作ったり、キャミソールを作ったりしてみると、やっぱり何かを作るのは楽しいと改めて思ったのです。

 

部屋が綺麗になったので友達を呼んで小さなホームパーティーをした際に、みんなに作ったものをプレゼントするととても喜んでもらえました。

 

そんな風にいろんな人にあげていると、友人の一人から「こんなに素敵な物を作れるなら、ネットで売ってみたら?」と言われたのです。

 

まさか素人の作品なんて売れるわけがないと思ったのですが、やっぱり気になったので調べてみると本当にハンドメイド作品を売るサイトがあってびっくり。

 

迷った末に、試しに一点出品してみると、なんと次の日に売れたのです!自分が作ったものがこんなふうに売れるなんて感動ですよね。

 

好きなことで生きる

 

それから私は大好きな縫い物をして楽しく小物を作ってはネットで販売していくうちに、いつのまにかそれが仕事になってしまいました。

 

また、友達からの紹介で雑貨屋さんにも商品を置くことができるようになり、順風満帆すぎて怖いくらいです。

 

部屋を片付けたことで、強がっていた気持ちを解放できたのかもしれません。

 

そのおかけで次の道へ進もうと思えたのです。

 

おわりに

 

そして、埋もれていたミシンを使い始めたことで、やりがいのある仕事をみつけられました。

 

これも掃除をしなければ巡り会えなかった道ですよね。

 

ちなみに掃除のおかげかわかりませんが、今では彼氏もできてとても幸せな日々を送っています。