White Apple Life

健康をテーマにお役立ち情報を集めてアップしています。

一人暮らしで栄養バランスの整った食事をするための簡単な心掛け4選

f:id:uenoyou111:20181213230801j:plain

一人暮らしをしている皆さん。バランスのとれた食事をしていますか?

 

一人暮らしの場合、どうしても自分一人のために時間をかけて料理するのを面倒に感じてしまったり、自炊する時間がなかったり…。

 

食材をあれこれ買っても、結局使いきれなくて余らせてしまったり。

 

簡単な心がけで食生活は改善する

 

そういった理由から外食や中食が多くなり、栄養バランスが乱れてしまいがちです。

 

特に外食や中食が多くなると、脂質と糖質を過剰に摂取してしまう一方で体の調子を整えるビタミンやミネラルが不足してしまいます。

 

そんな一人暮らしの皆さんが、栄養をバランス良く摂取するためにはどんなことを心がければよいでしょう。そのポイントをいくつかご紹介します。

 

①外食や中食では品数を重視

 

外食をしたり、スーパーやコンビニの弁当やお惣菜を買ったりする場合、簡単に実践できることとして品数を重視するということを心がけてみてください。

 

丼ものよりは定食を選んだり、サラダをプラスしたり。

 

弁当の場合は幕の内弁当など品数の多いものを選んだり。品数が多くなる分、様々な栄養を少しずつ摂取できるのでオススメです

 

②「まごわやさしい」食事を心がける

 

「まごわやさしい」とは

 

  • 「ま」=豆類
  • 「ご」=ごまやナッツなど
  • 「わ」=わかめなどの海藻類
  • 「や」=野菜類
  • 「さ」=魚類
  • 「し」=しいたけなどのキノコ類
  • 「い」=イモ類

 

のことを指します。

 

これらを意識して食べるようにすることで、体の調子を整えるために必要なビタミンやミネラルをバランス良く摂取することができると言われています。

 

③5色を意識して!

 

5色とは、「赤」「緑」「黄」「白」「黒」のことです。

 

赤は肉や魚など、緑は葉物野菜など、黄は卵やイモ類など、白は米やうどんなど、黒はごまやしいたけなどを指します。

 

この5色がそろった食事をすれば、栄養素をバランスよく摂取できると言われています。

 

なお、ここで言う5色とは、単純に見た目のこと。

 

含まれる栄養素によって3色(赤・緑・黄)に分類する方法が有名ですが、この方法では含まれる栄養素ではなく単純に見た目の色で食品を分類します。

 

なので難しいことを考えなくても、見た目で直感的に栄養バランスが整っているかどうかを判断することができます。

 

④同じメニューが続かないように

 

一人暮らしの場合、昼と夜を同じメニューにしたり夕食が二日間同じものになったりしてしまいがちです。

 

必要な栄養素を1食ですべて摂取することができれば理想的ですが、実際それはなかなか難しかったりします。

 

なので簡単に取り組める考え方として、数日間単位でトータル的にバランス良い食事をするということを心がけてみましょう。

 

そのためには「同じメニューを2食続けない」「2日続けて同じものを食べない」などのルールを決めてメニュー選びをしてみましょう。

 

そうすれば例え1食の中での栄養バランスがパーフェクトでなくても、数日間のトータルで考えるとバラエティ豊かな食材を食べることが出来ます。

 

すると結果的に様々な栄養素を摂取することができます。この方法だと、毎食毎食難しく考えなくてもいいので気軽に取り組めるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

今回ご紹介した4つのポイントはどれも難しいことを考える必要がなく、少し意識を変えるだけで簡単に実践できることばかりです。

 

これらのポイントを意識して、一人暮らしでもバランス良い食生活が送れるよう気軽に取り組んでみてください。