White Apple Life

健康をテーマにお役立ち情報を集めてアップしています。

仕事で前向きに取り組めるようになる具体的なテクニック4点のご紹介

f:id:uenoyou111:20181109235152j:plain

何事もそうですが、前向きに取り組むことが出来たらそれは素晴らしいことですね。

 

少しでも仕事で前向きに取り組むことできるよう、実践されている方のテクニックを調べてみたので幾つか紹介します。

 

 

1.仕事の段取りを頭の中で組み立ててチャレンジする

 

自分が抱えている仕事や、やらなければいけない事を優先的に組み立てていきます。

 

そしてどれだけ効率よく時間内にこなすことができるか、チャレンジします。

 

具体的な方法

 

前日の夜に明日やるべきことをピックアップし、どの仕事をどんな順番でやれば効率よくこなすことができるか頭の中でシミュレーションするのです。

 

もちろん当日になるといきなり計画外の仕事が入ってきたり…思った通りにはうまく行かなかったりします。

 

そんな想定外の出来事にとらわれず、あくまで立てたシミュレーションは目安として取り組みます。

 

シミュレーションどおりに進まなければ、と考えてしまうと逆に上手くいかないことが増えてしまいます。

 

ちなみに前日に目標を立てる事で、何にも考えてない場合より比べ物にならないくらいスムーズに回るようになります。クオリティも上がります。

 

そして一つ一つは面白くない仕事だったとしても、ゲーム要素を取り入れて仕事をこなしていると非常に面白く充実感があります。

 

今日はうまくいかなかったとしても明日はスムーズにこなせるように頑張ろう!と徐々に前向きに捉えることができるのです。

 

2.具体的な目標を立てる

 

毎日の仕事を漫然とこなすのではなく、具体的な目標を立てて仕事をするようにします。

 

三か月後、半年後、一年後に自分はどうなっていたいか。

 

無理のない、でも少し努力しなければ達成できない目標を具体的に考え、その目標を達成できるように日々職場で行動するのです。

 

将来の自分の姿をリアルに想像できるようになると、モチベーションになって前向きに仕事に取り組むことができます。

 

もちろん最初は簡単なもので構いませんし、考えるクセをつけるようにするのが目的です。

 

仕事のことじゃなくても構いません、プライベートが充実すれば自然と仕事も引っ張られます。

 

職場のトラブルの中でも最も多いと言われている人間関係に悩んでいる暇はありませんし、人にどう思われようが自分の立てた目標に向かって邁進するのみ。

 

充実した仕事をする事ができるでしょう。

 

3.職場の仲間を見つける

 

同じモチベーション、同じ価値観で仕事に取り掛かっている仲間をたくさん見つけましょう。

 

一人では乗り越えることができない壁にぶち当たったとしても、仲間と一緒であれば乗り越えることができる場面もたくさんあります。

 

そうやってできた仲間は大概同じ価値観を持っていますから、仕事の上で悩むようなポイントもだいたい一緒なハズです。

 

自分が悩んだときにも気軽に相談することができますし、仲間の相談を聞くことで「苦しんでいるのは自分だけじゃない」という事がわかって気が楽になります。

 

 

お互いの立場を生かして集めてきた情報を共有することもできそうですね!

 

またそうやって築き上げた人間関係は、今後の社会人生活においてもずっと使える宝物になるでしょう。

 

なかなか困った時に頼ることが出来ないと、知らず知らずのうちに自分を追い詰めてしまうこともあります。

 

4.職場に好きな人を見つける

 

あまり大きな声で言える方法ではないかもしれませんが、これは実に効果的な方法です。

 

心理学的にも認められている部分ですが、人間は好きな人が近くにいると全てがバラ色に見えてテンションが上がるもの。

 

職場に異性として好きな人を見つけてみましょう。

 

上手に気分転換できるようになると、明日からの仕事のクオリティもアップします。

 

もちろん職場ですから仕事が第一です。

 

好きな人に認められて頼ってもらえるようになると、より仕事に前向きに取り組めるようになるのではないでしょうか?

 

男女に限らず仕事ができる人は魅力的に映るもの。

 

わざと出来ないようにするテクニックもありますが、自己肯定感も含めできるように前向きに取り組むことは非常に重要な意味を示します。

 

まとめ

 

以上はほんの一例です。

 

仕事において前向きに取り組むというのは、その人にあったやり方が一番大事です。

 

そしてそれを見つけるのも自分次第。

 

そのキッカケになれれば、と思うばかりです。