White Apple Life

健康をテーマにお役立ち情報を集めてアップしています。

フィトケミカルって何?現代人の健康維持に絶対と言えるほど必要な理由

f:id:uenoyou111:20190201002958j:plain

フィトケミカルとは植物に存在する化合物で、ここ数年の専門機関による研究成果により健康維持に大きな効果が期待できることが分かりました。

 

最近疲れやすい、身体がだるい、元気が出ないといった方でも、手軽に摂取して健やかな毎日と取り戻せる方法として注目されています。

 

そんなフィトケミカルについて、まとめてみようと思います。

 

フィトケミカルとは

 

フィトケミカルは古くから薬として用いられており、古代ギリシャ時代には風邪薬としてヤナギの葉が処方されていました。

 

現代に入るとヤナギの樹皮から抗炎症作用を持つサリシンを抽出する方法が分かると広く普及し、後の消炎症鎮痛剤のアスピリンが開発されるための基礎となりました。

 

また、抗がん剤のパクリタキセルもセイヨウイチイの木から抽出されたフィトケミカルの一種です。

 

フィトケミカルは意外と身近

 

フィトケミカルの多くは果物や野菜の色素や辛味成分からできており、抗酸化剤として用いられているほか、人間の体内では抗酸化物質となります。

 

一例をあげるとリコピンはトマトの赤、ルテインはトウモロコシの黄、カロテンはニンジンの橙、アントシアニンはブルーベリーの青が元となっております。

 

色素や抗酸化剤の機能は、炭素の二重結合によるものだと言われています。

 

フィトケミカルを効率的に摂取するために

 

フィトケミカルに分類されるこれらの成分は、食事として摂取するには膨大な量が必要になります。

 

また、それだけではなく熱に弱く水や油に溶け出しやすい性質を持っていることから、調理や過熱の過程でその大多数が失われてしまいます。

 

そんな中で、それらの栄養素を抽出して顆粒状やタブレット状に凝縮したサプリメントであれば、日常の食事だけでは不足しがちな栄養素を効率よく摂取できます。

 

 

また、多くの栄養素は体内に入っても吸収されるのはごく僅かでほとんどが排泄されてしまいます。

 

そのため、食事で補うとなれば量を増やさなければならず、カロリーの過剰摂取による体重の増加や生活習慣病を誘発するなどのリスクが伴います。

 

サプリメントでフィトケミカルを摂る利点

 

その一方でフィトケミカルを採用したサプリメントでは、製品によりますが1日数粒程度を水と共に飲むだけで済みます。

 

食欲の無い方でも負担が少なく毎日続けられるのに加えて、吸収しやすい状態で体内に取り込めることから効率よく必要な栄養素を摂取することが可能です。

 

また、全ての成分は植物由来であることから副作用も皆無で、安心して摂取することができるのも嬉しいところです。

 

身近な存在になりつつあるフィトケミカル

 

これまでその優れた効果は遥か古代の時代から実用化されているのに加えて、近年になってから研究機関により科学的に実証されていました。

 

ですが、サプリメントや健康食品にするために抽出をしたり加工をするのが技術的には困難でした。

 

が、ここ数年の技術革新により顆粒やタブレットに加工することが可能になり、健康食品各社で製品化されると一気に普及しています。

 

今日では、多くの方にとって身近な存在になりつつあります。

 

フィトケミカルについてのまとめ

 

それぞれの食物が元々持っていたパワーが抽出されることでより引き出され、毎日を健やかに過ごしたい方を幅広くサポートしてくれます。

 

また、近年ではとても効果的なサプリメントとして大きな注目を集めています。