White Apple Life

健康をテーマにお役立ち情報を集めてアップしています。

簡単に豆乳ヨーグルトを増やしてみよう!おまけレシピも合わせて3選

f:id:uenoyou111:20181120215554j:plain

大豆を食生活に取り入れたい、でもいつも同じメニューになっちゃう!

 

煮豆、納豆、時々食べるのは良いけれど毎日は飽きちゃいますよね。

 

何も大豆そのものをとらなくても、加工食品を食べることを考えればレシピの幅が広がります。

 

豆乳を活用

 

豆乳は大豆の絞り汁ですし、きな粉は大豆を炒って粉にしたものです。

 

豆乳はスムージーも作れますし、ヨーグルトも作れます。

 

原材料を牛乳から豆乳に置き換えるだけで、簡単に大豆を取り入れることが出来るのです。


きな粉はお菓子作りにもぴったりで、普段の食事だけでなくおやつにも取り入れられます。

 

①手作り豆乳ヨーグルト

 

ヨーグルトって、大抵は牛乳で作りますよね。

 

ですが、豆乳でも作ることができるんです。

 

普通のヨーグルトと豆乳ヨーグルト…入っているのは同じ乳酸菌ですが、育った培地が違います。

 

普通のヨーグルトは牛乳からできているので動物性乳酸菌、豆乳ヨーグルトは植物性乳酸菌を含んでいます。

 

同じ乳酸菌をとっても、植物性乳酸菌の方が生きて腸に届きやすいと言われています。


しかも豆乳ヨーグルトは乳糖を含んでいないため、乳製品でお腹を壊してしまう体質の人でも食べられるメリットがあります。

 

けれど、豆乳ヨーグルトってなかなか売っていないですよね?

 

普通のヨーグルトならスーパーにもコンビニにも置いてあるのに、豆乳ヨーグルトはどこにも売っていない。

 

通販だと遅い…レシピも微妙

 

Amazonや楽天でなら買えますが、届くまで時間がかかりますし送料で高くついてしまいますよね。

 

 

「洗っていない玄米50gを無調製豆乳500mlに入れて、常温で2日放置すると豆乳ヨーグルトができる」と言われています。

 

ですが、どうやらこのレシピは賛否両論のようです。

 

「上手く作れなかった」という声が多数寄せられていますし「乳酸菌ではなく雑菌で腐っているだけ」「酵母がいると身体に悪い」という意見もあります。

 

それでも、豆乳ヨーグルトが気軽に食べたい!というあなたへ。

 

実は、市販の豆乳ヨーグルトを種にすると豆乳を注いで放置するだけで増やせるんです。

 

株式会社マルサンアイ「豆乳グルト」

 

数少ない市販の豆乳ヨーグルトを耐熱容器に適当量入れて、その上から無調製豆乳を注ぐだけ。

 

 

固まるまで常温で放置するだけでよし。

 

残り少なくなったら、また豆乳を継ぎ足すと増やせます。

 

そのまま食べても美味しいですが、フルーツやハチミツ、きな粉やメープルシロップを入れて食べるのがおすすめです。

 

ただし、豆乳ヨーグルトの保存に使う耐熱容器は必ず滅菌しておきましょう。

 

玄米から作るレシピより難易度が低くても、雑菌が繁殖するリスクがあることには変わりません。

 

お腹に良いはずのヨーグルトなのに、腐っているのに気づかずお腹を壊してしまったら本末転倒ですからね。

 

おまけレシピ

 

おまけとして、別のレシピを2つ紹介します。

 

②豆乳でグリーンスムージー

 

1.お好みの葉野菜をミキサーに入れる。

 

(レタス、サラダ菜、キャベツなど)

 

2.バナナを一本加える。

 

(良い感じに甘みが出る)

 

3.お好みのフルーツを加えると甘さアップする。

 

(キウイ、りんごなどがおすすめ。夏は冷凍ベリーを入れると美味しい)

 

4.最後に無調製豆乳をなみなみに注いで、ミキサーでよくかき混ぜて完成。

 

野菜嫌いの人、ダイエット中や便秘の人にもおすすめのレシピ。

 

これ、意外と腹持ちが良いんです。

 

飲み物とはいえ、野菜と果物をお腹いっぱい食べているのと一緒ですからね。

 

③きなこ豆乳

 

1.無調製豆乳をコップに注ぐ。

 

2.大さじ2杯のきな粉を加えてよくかき混ぜる。

 

呆れるくらい簡単でしょう?

 

これだけで、きな粉と豆乳のダブルで大豆がとれちゃいます。

 

シンプルですが、たんぱく質豊富でカロリーも低いのでダイエットにぴったりのレシピです。

 

まとめ

 

以上、豆乳ときな粉を使ったレシピ3選でした。

 

いかにも大豆!なメニューばかりで飽きた時、こんなレシピで気分転換してみませんか?

 

豆乳ヨーグルトは増やすのが少し面倒ですが、手間さえ惜しまなければいくらでも増やせるのでコスパの良いおやつになります。

 

豆乳グリーンスムージーは、野菜嫌いの人でも無理なく飲めてお腹いっぱいになります。

 

きな粉豆乳は笑えるほど簡単なレシピなので、忙しい人や疲れている人でも気軽に取り入れられます。

 

ちなみに豆乳は無調製と調製豆乳がありますが、食品添加物を含まず大豆本来の味を楽しめる無調製豆乳を筆者はおすすめしています。