White Apple Life

健康をテーマにお役立ち情報を集めてアップしています。

トランス脂肪酸ってなに?よく言われる危険性ってどれくらいあるの?

f:id:uenoyou111:20190110002723j:plain

トランス脂肪酸…言葉だけは聞いたことがあるかと思います。

 

しかし、その実態はなかなか知られておらず、なんとなく体に悪いものというイメージだけが先行しています。

 

ここではトランス脂肪酸についてまとめてみたいと思います。

 

トランス脂肪酸とは?

 

トランス脂肪酸とは簡単に言うと、脂質の構成成分である脂肪酸の一種です。マーガリン等の食品に多く含まれる油脂の成分です。

 

植物油などからマーガリンなどを製造する工程や、植物油を高温にして脱臭する工程で生じます。また、牛などの乳製品や肉にも含まれています。

 

天然の脂肪酸にトランス型は少なく液体のものが多いため、マーガリンなど固まった油脂を作る際にトランス型に変化させて人工的に作られます。

 

以上から、健康に対して良くないとされています。海外では厳しく規制されています。

 

トランス脂肪酸の影響は?

 

トランス脂肪酸を摂り過ぎるとどうなるのか?

 

過剰摂取するとLDL(悪玉)コレステロールを増加させ、心筋梗塞などの冠動脈疾患になる可能性が高くなるとされています。

 

また、肥満やアレルギー性疾患についても関連が認められています。

 

2003年に世界保健機関(WHO)などによって1日の総エネルギー摂取量の1%未満に控えるべきとの勧告が発表されています。

 

トランス脂肪酸が多く含まれる食べ物は?

 

トランス脂肪酸が多く含まれているとされている食べ物です。

 

ピザ、サラダ油、マーガリン、フライドポテト、チキンナゲット、ハンバーガー、ケーキ、パン、ドーナツ。

 

クッキー、スナック菓子、カレールウ、ファットスプレッド、クラッカー、ポップコーンなどの食品中に含まれています。

 

製造業者の対策によって同じ食べ物でも含有量が違うため、銘柄によってかなりのばらつきがあるようです。

 

都市部の30~40代の女性の摂取量が高いという話もあります。

 

どのように気をつけるべきか?

 

トランス脂肪酸の摂取量について、日本人の大多数は総エネルギー摂取量の1%を下回っています。

 

摂取量が多いとされる諸外国に比べて、通常の食生活では健康への影響は小さいと考えられています。

 

ただ、脂質に偏った食事をしている人は、脂質の過剰摂取を控えるよう留意する必要があります。

 

食品銘柄によって含有量のばらつきがあるようなので、含有量の少ない銘柄を選ぶこともトランス脂肪酸の過剰摂取回避につながると思います。

 

諸外国では食品中のトランス脂肪酸の量を全脂質の2%までとする規定や、規定を超える商品の国内流通を禁止する規制を制定しているところもあります。

 

アメリカでは全廃になっているようですね。

 

また、食品への表示を義務化している国も多いようですが、日本ではまだ表示義務はないようです。

 

情報開示に協力的ではない食品メーカーもあるようですが、一部メーカーでトランス脂肪酸の使用を削減しているところもあります。

 

まとめ

 

加工食品や外食…日本ではトランス脂肪酸を100%避けることはできないかもしれません。

 

ですが、過剰摂取を避けるためにトランス脂肪酸が多く含まれているとされる食べ物は控えたほうがいいですね。

 

マーガリンをバターにかえる、ケーキを控えるなどが手っ取り早いかもしれません。